ハッカソン アイデアソン合宿 進行をスムーズにする会場の選び方

ハッカソン 合宿 アイデアソン 合宿 の進行をスムーズにする開催場所の選び方 東京

ハッカソン アイデアソン合宿 進行をスムーズにする会場の選び方

ハッカソン合宿やアイデアソン合宿の会場選びで困った経験はありませんか?

会場として利用できる場所は、公共施設・貸し会議室・ホテル・自社スペースなど、立地も大きさも設備も様々です。

どこの会場でも良いわけではなく、やはり目的に合った場所を選ぶ必要があります。

 

そこで、今回はハッカソン合宿・アイデアソン合宿の進行をスムーズに行うための会場の選び方をご紹介いたします!

 

 

会場選びの前に

 

ハッカソン合宿アイデアソン合宿とは?

 

 

ハッカソン合宿・アイデアソン合宿の会場選びの前に、『ハッカソン合宿・アイデアソン合宿とは何か?』を見ていきましょう。

 

そもそもハッカソン合宿とは?

ハッカソン(hackathon)とは、『ハック(Hack)』と『マラソン(Marathon)』を組み合わせたIT業界発祥の造語です。

与えられた目標に向けて、1日~1週間の短期集中型で作業する、ソフトウェア関連のイベントです個々、またはエンジニア・プランナー・デザイナーなどで作ったチーム、または全体で作業することもあります。

 

では、アイデアソン合宿とは?

ハッカソン合宿と語尾が似ている言葉ですが、その名の通り『アイデア(idea)』と『マラソン(Marathon)』を組み合わせた造語です。

アイデアソン合宿もハッカソン合宿と同様に短時間で行われます。年齢も性別も職種も様々なグループで、特定のテーマについて自由に話し合い、幅広い視点でアイデアを出し合うイベントになっています。

 

開発合宿・ビジネス合宿に関する記事はこちら

開発合宿やビジネス合宿を東京で!作業効率が2倍あがる日帰り合宿

 

 

当日の進行をスムーズにする会場の選び方

 

ハッカソン合宿やアイデアソン合宿に便利な開催場所の選び方

ハッカソン合宿・アイデアソン合宿の概要について見ていきました。

それでは早速、当日の進行をスムーズにするためには、どのような会場を選べば良いのかを見ていきましょう。

 

会場の立地はどうか?

 

ハッカソン合宿やアイデアソン合宿の開催場所に適した立地とは?

まずは立地です。参加者が集まりやすい会場とは、どのような立地が良いのでしょうか?

 

多方面から通いやすい

東京都内からだけでなく、関東周辺地域からも通いやすい、電車の乗り入れが多い駅がおすすめです。電車が少ない小さな駅だと、それだけで参加をやめてしまうケースは少なくありません。

また、大きい駅だと、東京都内からだけでなく周辺地域からも足を運びやすくなるので、集客効果がアップします。

 

駅から近い

駅から歩いて何十分…という場所だと、参加者の皆さんがそれだけで疲れてしまいます。できるだけ駅から近く、初めての人にも分かりやすい場所を選ぶのがオススメです。会場までの道のりに、分かりやすい目印になる建物などがあると良いですね。

また、駅から近いと雨の日でも濡れずに会場まで行けるので、参加者に喜ばれます。

 

コンビニやスーパーが近い

忘れ物をした時や休憩時間のお昼の買いだしなど、パッと行ける距離にコンビニやスーパーがあると便利です。

 

 

料金はどうか?

会場の料金はどうか?

当日の進行には直接関係ありませんが、主催者側にとって、利用料金は会場を選ぶときの重要なポイントです。

無料で借りられる場所があれば嬉しいですが、実はインターネットが使えなかったり設備が足りなかったりと、良い面ばかりではないことも。

必ず立地や設備なども含め、総合的に見て判断しましょう。

 

 

必要な設備はあるか?

必要な設備はあるか?

会場によっては必要な設備が用意されておらず、現地まで持っていく必要があることも。

特に大型の設備は、会場まで運ぶのにかなりの手間になりますので、できるだけ会場のものを利用すると便利です。

 

また、前述のとおり、ハッカソンとアイデアソンは異なる目的をもつイベントです。

それぞれのイベントにはどのような設備が必要なのでしょうか?

 

ハッカソン合宿に必要な設備

IT関連のイベントでは、インターネットや電源の使用が必要不可欠になってきます。また、プロジェクターやモニターで説明や発表をすることも多いので、併せてパソコンとプロジェクター・モニターを繋ぐためのケーブル端子の確認もしましょう。

 

アイデアソン合宿に必要な設備

アイデアソン合宿はハッカソン合宿とは異なり、必ずしもインターネット環境が必要とは限りません。

とは言え、今はどこでもWi-Fiを利用する時代ですので、あるに越したことはありません。そのほか、プロジェクターやモニターでテーマの説明をすることもありますので、会場に置いてあるか確認しましょう。

 

また、アイデアソン合宿では筆記用具・模造紙など、アイデアを書き出すための道具や大きなテーブルが必要になってきます。時間制限を設けてアイデア出しをするので、ストップウォッチを使う場合もあります。

 

設備とは異なりますが、アイデアソンは頭を使う作業なので、飲食可能な環境が好まれます。飲食ができない会場もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

無料か有料か

借りたい備品があったとき、その会場の設備が無料か有料かを確認しましょう。

会場によって、設備の貸出金額にかなり差が出てきます。会場料金だけに目が行きがちですが、備品の金額も要チェックです。

 

 

 

東京でハッカソン合宿・アイデアソン合宿におすすめの会場

ハッカソンアイデアソンにオススメの東京の貸し会議室
渋谷の貸し会議室HIDAMARI

東京の貸し会議室スタンシーズでは、ハッカソン合宿・アイデアソン合宿に便利な会場を、東京都内に豊富にご用意しております。

スタンシーズ・ベイシスグループのお部屋は下記からご覧いただけます。
渋谷・新宿・横浜の貸し会議室のシーズスペース

 

アクセスが良い新宿と渋谷

電車の乗り入れが多く、東京都内や周辺地域から通いやすい、東京の新宿渋谷に会場を多数ご用意しております。

また、スタンシーズはどの会場も駅から徒歩5分以内。参加者目線の優しい立地になっています。

スタンシーズの東京の会場をアクセスから選ぶ

 

豊富な無料設備

スタンシーズの貸し会議室は、全ての会場で設備が無料でご利用いただけます。ハッカソン合宿で欠かせない電源や無線・有線LAN、プロジェクター、部屋を暗くせずプロジェクター代わりに使える『50インチ大型モニター』など、充実した無料設備が揃っています。

詳しい無料設備は会場毎に異なりますので、下記リンクよりご確認ください。

東京の貸し会議室スタンシーズの新宿渋谷の無料設備一覧

 

地域最安クラスの利用料金

スタンシーズの貸し会議室は、1時間100円からの地域最安クラスの利用料金になっています。特に早朝が狙い目です!朝活にも是非ご利用下さい。

 

一日貸しプランがある会場も

東京都内渋谷の貸し会議室KOMOREBI

渋谷の会場KOMOREBIでは、8時間以上のご利用で料金がお得になる『1日貸しプラン』をご用意しております。

1日貸しプランはこちらからご予約下さい

KOMOREBIについて詳しくは下記リンクをご覧ください。

スペースの写真 スペースの料金 行き方 KOMOREBIを予約 

 

会議室らしくないデザインが人気の内装

スタンシーズの貸し会議室(レンタルスペース)は、一見会議室らしくないデザインになっています。

それぞれの会場が独自のコンセプトをもち、デザイン性のある内装に仕上げられています。それでいて会議の邪魔にならないので、あらゆるシーンにご利用いただけます。

スタンシーズの貸し会議室一覧はこちらから

 

コンビニが近い

スタンシーズでは、どこの会場にも近くにコンビニがあるので、ほかの会場への変更した時もコンビニ探しに苦労しません。

 

 

スタンシーズ・ベイシスグループのお部屋は下記からご覧いただけます。ご予約もこちらからどうぞ。
渋谷・新宿・横浜の貸し会議室のシーズスペース

 

 

さいごに

いかがでしたか?

ハッカソン合宿とアイデアソン合宿をスムーズに進めるためには、土台となる会場選びが大切になってきます。

できるだけ利便性のよい会場を選び、時間や手間を省いて、さらに合宿に集中して取り組める環境作りを目指しましょう。

 

 

 

こちらのページもよく読まれています

このページをシェアすると 貸し会議室参加者に簡単に情報を伝えられます

Follow us on